複数年プランが
圧倒的にお得!

弊社で販売している複数年プランだと更にお得です。

契約年数が長いほど1年あたりの価格がお得に!

契約年数で、もっとお得に。6年プランは、約2年分が無償

SSL複数年プランとは?

SSL複数年プランとは、SSLサーバー証明書発行や更新時のお支払い処理などを簡易化するために、2年から最大6年までの契約期間を提供するプランのことです。

複数年プランがお得な理由

複数年プランでは、複数年割引が適用されるため、契約年数が長いほど1年あたりの価格がお安くなります。その他にも、FQDNの変更ができるのでサービス名称の変更等があった場合でも自由に変更&いつでも発行ができるため、従来よりも柔軟な利用が実現できます。

*1:デジサート セキュア・サーバIDの弊社販売価格(税込)

デジサート 複数年プランのご紹介動画

今後も利用するSSLは複数年プランで手間なくお得に

セキュリティ対策の重要性が高まっている中、Webサイトの常時SSL化は一般的になっており、ほとんどの会社でSSLの継続利用が見込まれています。

従来の単年プランだと、1年ごとに契約更新の手続きや支払い等の事務処理が必要でしたが、「複数年プラン」ではそのような煩わしい手間を省けます。

2021年6月 価格改定(値下げ)しました。

複数年プランのメリット

メリット1:契約年数が長くなるほど、1年単価が安くなる

複数年プランでは複数年割引を適用しているため単年プランよりもお得な価格でお求めいただけます。

メリット2:毎年必要だった支払い手続きが削減できる

複数年プラン契約すると、契約更新や⽀払いなどの作業などが削減できる他、複数年契約時のお支払い金額が明確なため、社内での予算取りなども1度で済みます。

メリット3:証明書の再発行が無制限 & 有効期限の変更が可能

契約期間内であれば、SSLサーバー証明書の有効期間を自由に調整したり、再発行が無料で何度でもできるため、複数のSSLサーバー証明書の有効期限の終了日を揃えたりするなど柔軟な対応が可能です。

メリット4:短期利用後の残った有効期限を有効活用できる

再発行申請時にFQDNの変更が自由にできるため、社名やサービス名変更した場合や、ランディングページ(LP)やキャンペーンなどの短期で利用する場合でも追加で証明書を発行する必要はなく、短期利用後の残った有効期間を別のページで活用することもできます。

年プラン 参考例

プラン・証明書の更新について

従来(単年プラン)の場合

1年プランのご契約となりますので、毎年ご契約の更新が必要となります。プランご契約期間とSSLサーバー証明書の有効期限は同じであるため、契約更新することで証明書の有効期限も更新されます。

1年間プランご利用イメージ

複数年プラン(2年)の場合

2年プランをご契約の場合、1枚のSSLサーバー証明書を2年間利用できます。ただし、SSL証明書の有効期限は「最大397日*」のため、その期間までに更新が必要です。

複数年プランご利用イメージ(2年間プランの場合)

*正確には業界ルールでは「最大398日」ですが、時差などの関係上デジサートをはじめとした多くの認証局では、時差等を考慮し「最大397日」としています。

よくある質問

3年ものなどの複数年プランを契約した場合、3年分の証明書が発行できるのですか?

複数年プランは、1枚の証明書を3年間利用できる「枠」を購入する意味のため、証明書は最大397日の有効期限となり、その都度更新が必要です。

しかし3年プランご契約の場合、初年度に複数年割引が適用された3年分の料金をご購入いただきますので、2年目、3年目はお支払い手続きなどは発生いたしません。

SSLサーバー証明書の発行時に企業認証が必要ですが、複数年プラン契約時は初年度だけでいいのですか?

業界ルールにより、年に1度組織情報の再認証を行うご連絡をさせていただきます。

SSLサーバー証明書発行する際の認証の目的は、Webサイトの暗号化をするだけではなく、厳格な認証を経た会社であることを証明するためのものでもあります。

年に1度の再認証を行うことで、Webサイトへ訪れるユーザーへサイトの安全性をアピールできます。

SSL証明書発行するなら、複数年プランでお得に!

KDDI 販売実績

販売実績 20,000件超!(2021年7月現在)

KDDIウェブコミュニケーションズはデジサート・ジャパン合同会社の正規販売代理店エクセレントパートナーとして、密接な協業体制のもと、SSLサーバー証明書について高い販売実績を誇っているため、販売規模の拡大と併せて販売効率を高めることにより、他社よりもお求めになりやすい価格での提供を実現しています。

2021年6月 価格改定(値下げ)しました。

ページのトップへ